割れたスマホ

犬と遊んでいたらスマホを落として画面が割れた。人生ではじめての経験だ。割れた画面でスマホをいじってる奴らを意味もなく散々嘲笑してきたけど、ついにそちら側の人間になってしまった、という気持ちがいちばん強かった。

なるほど、と思った。僕は"犬"と遊んでいる最中にスマホを落としたのだが、今まで嘲笑してきた奴らはこの"犬"が"人間"だったのであり、また"友人"であり"恋人"であったのだ。犬が家にきたのは1ヶ月ほど前だからまだそこまで時間が経ってないが、奴らは毎日スマホが割れる危険性のある関係の中で、毎日スマホが割れる危険性のある社会の中で生きているので、僕よりもスマホが割れる確率が高いのは当たり前だった。割れたスマホの画面から感じ取れるのは"不注意"や"がさつ"といった単純なものだけでなく、"スマホが割れる危険性(確率の高い低いはあるが)の高い社会の中で生きて、そして実際に割れてしまった人間"ということだった。24時間365日布団から離れない人間であればスマホの画面は割れないのだ。

僕は"スマホの画面が割れている人"デビューをした。胸を張って割れた画面をタップしまくろうと思う。嗚呼、憂鬱だなぁ。