読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠くまで旅する恋人に

2月も終わりに近づいて、街はそろそろお別れムードに入ってきている。さよならが苦手な僕は、すぐそこで待っている女の子とのお別れのシーンを何度も想像して、多少先走っている感もある涙を流したりしている。 その歳上の女の子と出会ったのは僕が高校2年…

個人的な記録(2017年2月20日)

小沢健二が新しい愛(メッセージ)をもって僕らの世界に戻ってくる。これもひとつの魔法。故に嬉しいやら怖いやら。並行世界、まだ掴めていません。少しずつ考えます。ありがとうございました。 「この愛はメッセージ 僕にとって祈り 僕にとって射す光 いつだ…

歌詞 モチーフ

「清水くんはいろいろ考えすぎないで、もっと楽に生きるさ!」 「〜するさ」というのは静岡では「〜するんだよ」みたいな意味で使われるらしい。「今度あの店行ってみるさ」は「今度あの店に行ってみな」になる。 あの頃自分がなにを考えていたのか、ほとん…

近況

「もっといろんなことを許せたらな」とよく思うのですが、それはもうなんていうか、諦めみたいなもので。いろんなことを諦める行為というよりは、そのムードが怖いのですがわかりますか? こんなことは悩み多き20歳のその悩みの1つでしかないのですが、そ…

バンドのことなど

冬になると、夜中にわざわざ外に出てAztec Cameraなんかを聴きながらタバコを吸います。今年で3年目です。 何人かの友人を2016年に置いてきてしまったなあと思っていたのですが、自分が思ってた以上にたくさんの人を置いてきてしまったみたいです。昨日人と…

2016年お気に入りアルバム

2016年のお気に入りアルバム(EPを含む)を25枚選びました。順不同です。 ・HiNDS 「Leave Me Alone」 ・Bibio 「A Mineral Love」 ・RadioHead 「A Moon Shaped pool」 ・Japanese Breakfast 「Psychopomp」 ・おやすみホログラム「。。。」 ・かえる王国「PO…

思い出話と最近、これからのこと

なぜか急に思い出した話があって、別になんてことないのだけど、ちょっと書こうかな。 高校3年生の終わりごろにすどうさんと付き合いはじめたのだけれど、当時は別にすどうさんと性行為をしたいとか微塵も思っていなかったし、したくなかったくらいだ。好き…

ここ数日間のこと

数日間家を離れていろんな人とおしゃべりした。2016年のうちに今まで会ったことのない人も含めて、たくさんの人と喋りたいという気持ちだったのでとても満足している。昨日家に帰ってきて、辻くんが泊まりにきていたのでアホみたいにご飯食べたり酒を飲んだ…

For Tracy Hydeについて

高校生の時から大好きなバンドであるFor Tracy Hydeが『Film Bleu』というアルバムを出した。BoyishやUkiyo Girlというバンドと共に僕の所謂青春と呼ばれる時期に寄り添ってくれていたバンドだ。 Film Bleu アーティスト: For Tracy Hyde 出版社/メーカー: P…

さよならアーモンドの話

『さよならアーモンド』 飛び出す事忘れたの? ボーイ 聞かん坊 さらに耳鳴り 透明なんて嘘だって知ってたんでしょう なら悪いのは君の方さ 最近ちょっと疲れちゃったっぽい 走る想いも息どまり で 気づいたらいつのまにかスタンド・アローン 甘ったるいチョ…

普段通りに戻る

1週間以上経ってだいぶ落ち着いた。 11月はいろいろと忙しかったからあんまり本を読めなかったけど、今月はたくさん読みたい。12月はこれから表現活動していくために自分の思想を深くするって目標をたてたから、休みながらいろいろ頑張る。 良い刺激を…

おつかれさまです

このブログで「この記事読んで!」みたいなこと、たぶん言ったことないけど、これは読んでほしい。特に最後の部分だけでも読んでほしい。 僕とツジくんがいろいろと活動をはじめたのが、だいたい夏前くらい。6月のミツメのライブに行ったあとからだから、た…

自分の整理

久しぶりに精神がキツイなあってなったから少し考えてみる。 この間コウヘイくんと喋っていて、また現実と虚構の話になった。偶然と必然の話もしたのだけれどそれは一旦置いておいて…。僕はどちらかというと現実主義的な考え方?感性?なのかもしれない。彼…

お腹空いた

ここ最近忙しくて、やらなければいけないことと考えなければいけないことがたくさんあったけど、少し落ち着いた。少し落ち着いたら急に暇になったから文章を書く。 この数ヶ月で今までの生活とガラッと変わった。それに伴っていろいろなものを失ってしまった…

今シーズンのミランが強くてとっても嬉しい 何年ぶりなの?ってくらい今シーズンのミランが調子いい。最終的な順位予想なんてできないけど、今のミランには確かな強さがある。それが嬉しい。 ここ数日間体調を崩していたけど、なんとかなりそう。今いろいろ…

嗣永桃子、引退によせて

中学2年か3年の頃、聴いていた音楽はミッシェルとかブランキー、ゴイステとか、あとメロコア系。スーパーカーやナンバーガールにガッツリ心を持っていかれるのはもう少し先。そんな頃に、スーパーカーやナンバーガールよりも先に、ぼくの心を揺り動かした…

長距離散歩

いつもより長く散歩した。 とめたビデオを戻して 君と恋した町へ あの日以来僕の胸から真珠の銃弾が取れない 隣に君がいた時の写真。左側に確かにいた。 同じ場所。今はなにもない。誰もいない。 あの日確かにそこのベンチにふたりはいた。 Real EstateやThe…

童貞三銃士

めちゃめちゃ久しぶりに力仕事したら死んだ 激動の昭和をリアルタイムで経験してきた人、時代の目撃者にいろいろと話を聞いた。僕が本や映像で見てきたことをリアルタイムでその時代に経験してるのは単純にすごいと思った。ビートルズ初来日公演や三島由紀夫…

散歩

ここ最近リハビリ的に散歩をしています。 いつも夜に散歩するのですが、今日は真昼間に歩きました。朝起きてからなにもやる気が起きない状態になり、考えることにも疲れてしまいました。音楽を聴く気分でもなく、ひたすらタバコを吸いながらサッカーを見てた…

ダメな点は具体的で、良い点は抽象的で、そこがダメ 同列視を嫌う僕らは自分の価値を上げることで差別化 当日の思いつきで遊べる仲間、フットワークの軽さ、付き合いの良さ ひとりでカラオケに行った数時間後に女の子(固有名詞ではない)に誘われてカラオケに…

杞憂でありますように

とてつもない絶望感に襲われ心が苛まれている アクセルを踏みすぎて向こうが見えてしまった。わずかに残っている希望は向こうの見えない花束のようで。「意味のない言葉を繰り返すだろう」というフレーズが痛い。アプローチの仕方で補えるのだろうか。俺は自…

疲れが取れない、すぐに疲れる。 結構なボリュームで「言葉」についての文章を書いたのですが、公開しないことにしました。要はまた友人のひとりがブログをはじめて、少しだけ安心した、というような話。 病院に行かなくてはいけなくなったらしいのですが、…

お疲れ様でした

すべて終わりにしたい、締切のない人生へのステップ 隣のテーブルに座った高校生カップルが料理来るまでの間ずっと手を重ね合わせていた。でも料理が来ると手を離してそれぞれ食べることに集中していた。締切のない人生へ。 僕とあの子の会話。締切のない人…

長いこと、ほんとうに長いこと苦しめられ続けている病気といま必死で戦っています。いろいろとご容赦ください。ごめんなさい。

「でたらめだけが2人を埋めて離れる頃に思い出すのはいつかの日々のこと」 「青く悲しみを思えば 汚れてると気づかずに すべて落とした後で 日々をまた思うのです」 「気の抜けたソーダを飲み干せば春に戻れそうで 瓶の中いつかの景色も泡に包まれて消えて…

入院生活24時

この間カラオケ行ったら泣いてしまった。 テレビの偉大さに気付いた。なんにも考えたくないし、でもなんにもしなくてもなにかしてても考えてしまうからどうしようかと思ってたんだけど、テレビをボーッと見てるだけでただ時間が過ぎることに気付いた。最近は…

シミズ・コンプリート

とにかくすごいぜ 昨日女の子と電話しててまた新たな発見がありました。なんだかもうすごすぎて本人にも「めっちゃすごいですね笑」と言ってしまったのだけれど。 まずパスピエにめっちゃハマってる話や「好きなアーティストを人に勧めるときにそのアーティ…

めちゃめちゃにめんどくさい人間

すべての言葉はわかる人へ… やっぱり話を聞いてもらったりするのは歳上の人がいいです。いくら生意気だと言われても、同い年の人の話は参考にならないことのほうが多いんですよね。自分の頭の中でいくつも選択肢があってその中からどれを選んでもピンとこな…

うまくいかない電柱理論

顔が死んでます。 設楽統がラジオで言っていた電柱理論(短いスパンでイベントや目標を決めて「あの電柱までは頑張ろう」という気持ちで人生を生きる)を夏休み中わりと実践してきたのですが、ここ1週間以上なにもなく、もうちょっと先に待ってるのが絶望なの…

ただ発散してるだけ(気にしないで)

歌詞を書いてる期間中は発散する相手が欲しい。めっちゃストレス溜まっていくのがわかる。 自分が歌詞で表現できるものっていまの段階だとすごく幅が狭いんですよね。いい意味で捉えるなら一貫して伝えたい思想があるってことだけど。いろんな要素が関わるか…

去年から続く夏の終わりを感じた、女の子との時間

自分にとってめちゃめちゃ重要な1日が終わった。 8月の最終日にぼくと女の子は遊ぶ約束をしていました。いつも通り前日までなにも計画を立てず、当日の朝にやっと時間だけ決めて4時半に待ち合わせとなりました。 待ち合わせ場所に向かう途中、いつもそん…

歌詞の完成とわかる人

昨日苦しみまくっていた曲の歌詞が書けました。かれこれ2週間以上かかったような気がしますが、ようやく完成してホッとしています。まだ歌詞を書かなければいけない曲が残ってるのですが、前回書いた歌詞(自分で絶賛していた歌詞)以上に素晴らしいものがで…

歌詞を書くこと・今日の夢

歌詞を書くのは苦しい、むずかしい。 友人とバンドをやろうということになったので、僕が歌詞を書いています。歌詞を書くのはほんとうに難しくて、苦しい。批判するわけではないが、簡単に直接的な表現をするのであればなにも苦しまずに書けます。例えば相手…

あらゆるものは一面に過ぎない

コメントありがとうございます。 人間の本質的な美しさ、この星の美しさはほんとうに素晴らしいものです。ぼくたちの人生におこるあらゆる出来事とは切り離されたとてもとても素晴らしいものです。それだけで人生を肯定できる美しいものです。 人生におこる…

鬱の一面

これはアルコールと夜という時間による一時的な憂鬱に過ぎないし、ぼくにとっての一面に過ぎないのですが、あらゆることがめんどくさくなってきました。 中学生までのぼくはわりと元気な人間だったのですが、高校で鬱になりました。それからありとあらゆるこ…

あの娘のモテ期を引き出すのは誰だ!

「人生においてモテ期は3回やってくる」 一般的にモテ期とはおそらく同時期に複数の異性から好かれる期間のことを言うと思います。ぼくのモテ期は小学校・中学校で終わった感があるので、いまさらモテ期を期待してはいませんが(誰か特定の1人と愛し愛され…

小沢健二の「さよなら」観について

井伏鱒二の「花に嵐の例えもあるさ さよならだけが人生だ」と、それに呼応する形の寺山修司の「さよならだけが人生ならば また来る春は何だろう」という言葉を見て、小沢健二の歌詞に出てくる「さよなら」について考えてみる。 フリッパーズギター時代の「す…

最高のロマンスはドーナツ・トークによって

2016年8月7日の夏祭りを終え、1日経って考えてみる。すどうさんの事ではなく、女の子との事だ。実際、すどうさんと会ってしまってから僕はひたすら逃げた。逃げ回った。でも戯けた。オッケーよ、なんて強がった。それは今女の子といるこの時間も特別な時間で…

2016年夏祭り

2016年の夏、8月7日に市川三郷町の花火大会に行ってきた。数ヶ月前からぼくは「青春がしたい。ぼくはまだ若いんだ。若いから若いことをするのは恥ずかしくないんだ。」と言い、2016年の夏を満喫することにした。その夏のメインイベントとして、「女の子と夏…