読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンドのことなど

冬になると、夜中にわざわざ外に出てAztec Cameraなんかを聴きながらタバコを吸います。今年で3年目です。

何人かの友人を2016年に置いてきてしまったなあと思っていたのですが、自分が思ってた以上にたくさんの人を置いてきてしまったみたいです。昨日人と喋りたくなって「そういえばあの話まだあの子にしてないなあ」とか思って電話をかけようとしたのですが、よくよく考えたら2016年に置いてきてしまった(置いていかれた?)ので結局ひとりでSNSで暴走する憐れな人間。年々周りの人間が少なくなっていくので、たまに喋りたくなる話があってもだいたいの人には喋ってしまっているのが残念。例の女の子ともしばらく距離を置いているので(大したことない理由です)2月中旬ぐらいまでは我慢。まあすべて自分のせいなんですけどね。

 

バンドの話をします。2016年に音源を出すことができて良かったです。あの音源は前にもこのブログで書いたようにテーマは「さよならへの反抗」でした。「きっとその瞬間はこれからずっと思い出すだろう。その瞬間、そのシーンにはどうしたってさよならをすることはできないだろう」「それがとても嬉しかったりとても苦しかったりする(夜という時間に残り続ける)のだけれど、でも僕は夜を越えて優しさにして閉じ込めたい」というようなことを歌っていたのですが、それは今でも変わらずそう思っています。「夜を越えて」という曲はそういう意味でもわりと大切な曲なので良かったら聴いてください。

2017年の予定は、今のところ3月までにもう1つ音源をつくろうと思っています。というかつくっています。わりとペースが早いのは、僕がスピード狂なのと最初の音源でまったく満足していないのと曲ができて歌詞をつけて…というのがわりと楽しいからです。かなり勝負をしているつもり。いろんな面でレベルアップしたいい曲をつくります。どのようにリリースするかはまだ考えてるところです。また詳しいことはそのうちお知らせをさせてください。それと、最初の音源もいろいろ手直しをして、CD-Rとかでフィジカルにして配布したいなあと思っているので3月以降に僕に会う人は貰ってください。お願いします。(ちなみに現時点で欲しいって言ってくれるとかなりモチベーションになるので優しさを振りまいてください。お願いします)

それと2017年はライブをしたいなあと思います。もともとバンドをはじめたとき、僕はそんなにライブに対するモチベーションがなかったのですが今はバリバリあるので頑張ります。辻くんはもとからバリバリありました。

新しくつくっている音源にも手直しして入れる可能性があるのですが、良かったら聴いてください。あと少しで再生回数100回だ…。僕は魔法のようなシーンを信じています。

 

色々な理由でなかなか文章を書けなかったのだけれど、久しぶりに書けて良かった。考えすぎて頭がおかしくなることがよくあるので気をつけよう。