読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小沢健二の「さよなら」観について

井伏鱒二の「花に嵐の例えもあるさ さよならだけが人生だ」と、それに呼応する形の寺山修司の「さよならだけが人生ならば また来る春は何だろう」という言葉を見て、小沢健二の歌詞に出てくる「さよなら」について考えてみる。 フリッパーズギター時代の「す…