割れたスマホ

犬と遊んでいたらスマホを落として画面が割れた。人生ではじめての経験だ。割れた画面でスマホをいじってる奴らを意味もなく散々嘲笑してきたけど、ついにそちら側の人間になってしまった、という気持ちがいちばん強かった。

なるほど、と思った。僕は"犬"と遊んでいる最中にスマホを落としたのだが、今まで嘲笑してきた奴らはこの"犬"が"人間"だったのであり、また"友人"であり"恋人"であったのだ。犬が家にきたのは1ヶ月ほど前だからまだそこまで時間が経ってないが、奴らは毎日スマホが割れる危険性のある関係の中で、毎日スマホが割れる危険性のある社会の中で生きているので、僕よりもスマホが割れる確率が高いのは当たり前だった。割れたスマホの画面から感じ取れるのは"不注意"や"がさつ"といった単純なものだけでなく、"スマホが割れる危険性(確率の高い低いはあるが)のある社会の中で生きて、そして実際に割れてしまった人間"ということだった。24時間365日布団から離れない人間であればスマホの画面は割れないのだ。

僕は"スマホの画面が割れている人"デビューをした。胸を張って割れた画面をタップしまくろうと思う。嗚呼、憂鬱だなぁ。

お土産をもらった

なんだかわからんけど、楽しい。

僕の住んでるところは田んぼと住宅が6:4くらいの割合で、ちょっと歩けばすぐ山に登れる。別方向にもう少し歩けばコンビニがあるし、さらに別方向にもう少し歩けば大きめの公園だってある。ほとんどの家は日付けが変わる前に電気を消すし、"夜は寝る時間"っていうのを何も疑わずに生きている。夜中に聞こえてくるのはカエルの大合唱。たまに本気でうるさい。

昼間は駅(家から歩いて1時間ちょいくらい)周辺くらいまでがホーム・タウンって感覚だけど、夜になるとホーム・タウンの範囲はグッと小さくなる。公園まで行くともう"他所へ来ちまった"と思う。うそ、公園はぎりぎりホーム・タウン。でも1時間で2回も職質されるっていうのは"ホーム・タウン認定"においてかなりマイナス要素。どうでもいいけど。

岩澤の実家はウチから徒歩5分程度で公園とは逆方向。深夜3時、両方の家の中間地点あたりで僕らは落ち合って

「欅が3Dで出てくるやつ見たんだけど、マジですごいよ」
「うわ、最高じゃん。どんなんだった?」

「いや、なんていうか、とにかく3Dなんだよ」

「マジかよ、スゲえな。」


みたいな会話をした。それは中高生が


「おれとうとう童貞卒業したよ」
「うわ、最高じゃん。どんなんだった?」

「いや、なんていうか、そりゃオナニーのほうが気持ちいいけど、それとは別っていうか、なんかこう精神的な気持ち良さっていうの?とにかくたまらんね、あれは」

「マジかよ、スゲえな。」


みたいな会話をするのと同じテンションだった。高校1年の頃の自分が恥ずかしい。

社会のプレッシャーから逃げたら楽しくなった。というより、今までの人生で隣にべったりくっつかれていた"社会との問題"がなくなった。それは現実的に起こっていた問題から、観念的な問題へとシフトしていっただけなんだけど、それでもかなり楽になった。もう社会には戻りたくない、戻れないという感覚がある。なんだかんだ社会で戦っている人は"なんだかんだ社会で戦える人"なんだと思っている。それを甘えと捉えてもらっても構わないけど。

社会学も哲学も言語学もほっぽり捨てて、僕はサッカーを見続けているし"ケヤカツ"をし続けている。岩澤とくだらないことを喋り続けているし、調子良いときは1日2回はオナニーもする。最近は肉体を感じたいと強く思ってるけど。僕がしてることはなんの意味もないし空虚な時間だけど、社会から切り離したらなんだってそうだし、全部がくだらないし全部が悲しいし全部が楽しい。

僕は「いまがいちばん楽しいね」と言うことができるし「今すぐにでも死にたいね」と言うこともできる。

 

楽しいけど、なんだかわからん。

f:id:amtmunktpgdj:20170826034031j:image

 

パスピエ『&DNA』 7/12用メモ

 

&DNA(初回限定盤)

&DNA(初回限定盤)

 

1.永すぎた春

三島由紀夫の小説のタイトル引用。現代社会風刺と虚構と現実的問題が歌詞として描かれている。

「風が吹いた 猫が鳴いた 大事件だそうで 全部拾って 拡散して お祭り騒ぎ 世界中が浮き足立って 大義名分掲げて それでもやっぱどこか不安で 出直したり悩んだり」

→まさにSNS社会。「大義名分掲げて…」というところが好き。

「意味のない事はないよ そんなこともなくて 気休めの嘘に寄ってたかって大騒ぎ」

→1曲目でニヒリズム的思想が出始める。またこの時は「意味のない事はないよ」という、こすられすぎた論調などを気休めの嘘と一蹴。

「現実逃避先回りして ああではないとか こうじゃないとか 論理を振りかざして…」

→堂々巡りのおれかよ

「行かないで 永すぎた春よ 四分の一の永遠よ 等身大の自分なんてどこにもいなかった」

「いつしか 永すぎた春が終わりを告げたの 人も世も移り変わり 空だけ青いまま」

→ほんとの自分なんていない。ほんとの自分なんてもの自体が虚構的である。ただ自分以外の事象・他者の実在性を肯定している。独我論に対する否定のようなもの。

2.やまない声

これはセックスによって心の穴を満たそうとする人間による記憶の問題が描かれている。

「やまない声が 僕の上に降り注ぐ 嘘じゃないけど ホントじゃないけど やまない声が蓄積されて毒になるなら ゆっくりと蝕んで 傷になれ」

→記憶の中の誰かの声が何度もループしている。その声は確かに聞いたことのある声だから嘘ではないはずだが、本当の声でもない。記憶の実体性の無さ。自分を傷つけていく。

「ありがちな話だ 案外どこにでもあるような 抱き合ってる間は落ち着いたりもして」

「誤算だ ご破算だ どうすればいいのか 思い出が美化されすぎててなおさら困る」

→セックスによって一時的に忘れようとするも、思い出が美化されて(これも実体性の無さと関連)苦しみ続ける。

3.DISTANCE

社会から逃避したところの自分、近代的自我に対する疑問。夜の苦しみ。

「深い夜に飲まれていきそう 息が詰まりそう 逃げられない 孤独の鳥籠 餌を待つ人魚」

→夜から逃げられない。虚構世界。

「ルールなんてあったって ないようなもんだって スルーして手にしたものたちは価値があるのか 張り付いた疑いを剥がせずにいるから」

→社会というルールが正しいなんてことはない、という思想によって手に入れた価値観は意味があったのだろうか。おれかよ。

「嘘をつくたびすり替わっていく わたしがわたしじゃなくなる 顔を無くして また声を無くして このまま忘れて」

→ほんとの自分なんていねえんだよ

「一人きりのディスタンス 罪が重なるたびに明日が遠くなって 形のないディスタンス 怖れているのは」

→夜が長い。長すぎる。もう疲れた。

4.ハイパーリアリスト

これも記憶の問題。リアリズムの向こう側を表現したかったのかもしれないけど、大衆性とのバランスも考えた歌詞になってる。もっと難しくしても良かったけど、大衆性とのミックスもパスピエの良さ。

「拝啓 未来のある日の皆様へ 長くて短い手紙をしたためたんだ 届いていますか 覚えていますか 今日は記憶になってますか」

「何千回だって 何万回だって もっとリアルに鮮明に描くよ 再現なんて無理難題で この一瞬のために生きてるだけだ」

→記憶の実体性みたいなもので、どれだけ言語を駆使したってそれには敵わない。過去も未来もどれだけリアルに描こうが虚構だ。

「遮んないで 見てたいんだって 忘れないようにするので精一杯なんだ」

→記憶の問題と戦い続ける。おれとすどうさんの百年戦争みたいなもん。

5.ああ、無情

これも現代社会風刺的な側面があり、SNSによる自己顕示欲、承認欲求を描く。

「誰かが書いた主語のない歌を歌っては自己投影していたんだ 理想と現状をごちゃ混ぜにしても イメージはイメージを超えられないで」

「誰がとなえた 仮設批評や情報を拾っては我が物顔で語って 膝のつくような浅瀬に浮かんで 気づいたら知らない空を見ていた 眩しかった 帰り道も分からなかった」

→誰かによって発信された情報を集めて、したり顔で語る人間。小沢健二的に言うと、ありとあらゆる種類の言葉を知ったら、知らない場所へたどり着いてしまったし、戻れなくなった。

「過剰な賛美が欲しくて 錆びかけてた心が疼いた」

「ああ 溢れ出す 返事がないのはわかってて でもそれでも言葉は止まってくれないんだよ 聞いてほしくて 聞かせる勇気なんかなくて こんな日々から救ってと両手を伸ばした」

→まさにツイートやんけ。

6.メーデー

堂々巡りの思想、もう面倒だ。

「傷の奥の奥 甘い蜜が誘う 見つけて触れたら ほら鬼が笑ってる」

→記憶の問題。ゆっくりと蝕んで傷になった(忘れないように)から美化された記憶に触れようとするが、実はもっと深い闇に落ちていくだけ。

「あー面倒だ またふりだしだ こめかみのLRを行ったり来たり あーメンソール ふかしてみても むせかえるだけで虚無」

→堂々巡りの思想。クソほど面倒くさい。

「ちょいと開いて 頭の中を ちょいと暴いて 心の奥を あー面倒だ」

→絶対一度はこうなる。もう疲れたんだよな。

7.マイ・フィクション

フィクションになりたい自分、だけどなれない自分。でも生まれた日からいわばフィクションみたいなもんでしょ?

「いくら覚めても現実なの 私フィクションになりたくて 熱が冷めても誠実だよ だけどフィクションになれなくて」

→熱が冷めても誠実だよって面白い

「I don't knowでもって 適当にやっつけてよ 有能だしいいでしょ」

→面倒ですよね、わかります

「おとぎ話も 空想の世界のことも 本当じゃないけど 優しい嘘で誰かを救ってる とか言っていたけど 幕が下りたその後 振り返ってやっと気づいたの 生まれてしまったその日から Take2はないマイ・フィクション」

→リアリズムの観点から虚構世界を捉えようとするも、そもそも自分の人生自体が虚構の物語みたいなものだ。

8.スーパーカー

まずなにより超名曲。そして完全に現実から離れてしまった。

「同じ顔 名前 声をした 君じゃない君に出会う 突然の出来事 驚いてるのは僕だけなんだけど 目が合った 時間が一瞬止まって巻き戻された」

→ここが現実なのかどうかで変わってくるが、このあとの流れ的にここすらも現実ではない可能性がある。

「見たことのない場所で 懐かしい声がずっと聞こえるよ 忘れたって何度だって 思い出せばいいんだって 向かい風吹いてても辿り着いてみせるから」

→記憶の問題にケリをつけるかのような言葉。

スーパーカーに乗ってどこまで行けるのかな いつも考えていた なあそうだろ 連れていくよ 隣には君を乗せて 地図につけた印は 光らないのに 見えないのに 消えない星」

→光ってもない、見えもしないが消えない記憶

9.夜の子供

怖い曲。もうひとりの自分。夜に現れる虚構的な存在。

「息をひそめ 目をつむり耳をそば立て 探すの もうひとりの自分を 顔はないけど いつでもそばにいてくれる おんなじ形で寄り添ってる」

→自ら探しにいく。

10.おいしい関係

セックスフレンド。結局心の穴を埋めるのはこの世の現実、肉体的関係性。それは彼氏彼女のような虚構的な関係性ではなく、まぎれもない現実。それをポップに描いた名曲。

「ギリギリすり減っていく 日常にスパイスひとふり 嗜む程度です」

「冷めないようにスープを温めなおしてくれませんか ご都合主義で甘さ控えめがいい ふたりの関係」

→このアルバムの流れ的にも、ここまでは"ギリギリすり減っていく日常"だったわけで、そこにスパイス(肉体的事実)をひとふりして嗜む。それはご都合主義で甘さ控えめ、要はセックスフレンドですよね。

「適量オーバーしそうな 日常にスパイスひとふり 意外と大事です」

→これもそう。もうオーバーしそうっていうかオーバーしてるんだよね。

11.ラストダンス

この曲の解釈が難しい。

「わたし1人になった 〜 それでも今思うことは わたしがわたしで なによりかけがえのない 世界が壊れてしまっても これまでこれから その後が続けばいい 共鳴してる」

→"なによりかけがえのない"のは"わたし"なのか"世界"なのか。いま考えるのめんどくさいな。

12.ヨアケマエ

現代社会風刺。"等身大の自分なんてどこにもいなかった"という問題提起からはじまったアルバムは"正しい夜明けを迎えませんか"で締められる。もうめんどい。